<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< バックカントリーツアー「ニセコ ファインフレンズ」12月中旬オープン。 | main | 東北を巡りニセコ入り! >>

東北被災地の現状。

111206_1229~01.jpg
東北を移動中に僕が書いたプチレポートを紹介します。

北の大地に向けて、北上中で只今郡山。

外の空間線量0.8から1.1マイクロシーベルト。ホテルの部屋は0.1マイクロシーベルト。

郡山の人々は普通に暮らしています。

今日の交流会に集まった方のお話しよると、原発事故当時、自治体からなんの非難指示も無かったそうです。
現在郡山市が安全宣言を出した事もあり、自主非難すら人口流出による行政機能崩壊を防ぐ為、公では認められてないとのこと。 「逃げたい人は勝手に引っ越ししろ」らしい。

また視力低下、下痢、鼻血、とにかく眠たいなどの症状が皆さん出ています。

20代の女性はホールボディーカウンターの検査で背中からセシウム134、137の合計値が1100ベクレルを超えていたそうです。

郡山の皆さんは毎日放射能汚染の事を考えながら、本当に疲れた状況で日々暮らされていました。

これが福島の現実であり、原発事故の悲劇の一つです。

僕はマスク等をして十分気をつけながら北上します。

この状況から救う方法を遠方に住む私達も、時間がある時にもう一度考える必要があると実感しました。

飯舘→大槌町→六ヶ所村→大間に来てます。

飯舘村長谷川健一さん宅の雨どいは10マイクロ以上で測定不能に。明るい未来が見えない中、確実にみんなの為に出来ることをとにかくやっている姿に感服。35年間牛を飼っていた牛舎が空っぽなのは、あまりに悲しい。

岩手県大槌町ではおおつち漁協で、ホタテ養殖の重りとして使う、土嚢詰め作業ボランティアに参加。
漁師の皆さんは壮絶な体験と深い悲しみを乗り越え、優しく明るく前向きに作業されていました。「汚染された海産物の代わりにお金で保証してあげれば良い。」などと簡単には言えない。
津波でへドロが無くなり海がきれいになったそうです。

六ヶ所村は超立派な箱ものだらけで「金漬け」になっています。現在ストレステストの対象になり停止状態ですが、村議は早期の試験再開を要望しています。来年10月本格運転予定。

大間原発予定地では震災後工事がストップしていました。
土地を売らず「あさこハウス」を守り続ける小笠原あつこさんは、「核で自然を壊すのではなく、自然の恵みを生かした自給自足の暮らし」を、夢を持って実践されています。
また村八分になりながらも、信念を曲げることなく、反対を貫いて亡くなられた母あさこさんの「愛情と強さ」の一端を伝えて頂きました。


ちなみに東北道で線量の高い所は、窓を閉め切った時速100キロの車の中で約2マイクロシーベルト。郡山から白石まで(約85キロ)平均0.6マイクロくらい。走行中の車の中が放射線管理区域になります。
震災直後は最低でもこの数値の10倍以上だったと思われます。

このレポートは僕が体感し、皆さんが今住んでいる日本の話です。

今現在、数え切れない方が被爆し続けています。

すでに放射線による健康被害も出ています。

行政や電力会社は見殺しにしているのです。

こんな国おかしくないですか?

また私達は苦しんでいる人達に目を背けることなく、何をするか、しないか? 考えなければなりません。

あなたはこの世界で生きているのですから。

nisikineo * - * 11:30 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:30 * - * -

コメント

恐ろしい現実だね。
本当に、国や電力会社は、まったく頼りにできない
むしろ、日本の行く末を考えると、悪以外の何者でもない。
9ヶ月経って、二セコは、表面上震災も原発も、ほとんどの人々にとって、過去の事になっています。
オレもブログや会話で発信し続ける様に心がけるよ。
Comment by かのま〜 @ 2011/12/11 6:00 PM
泊は止まっとらんからね。

俺たちは運が良いだけなので、今後も共に歩もう!
Comment by neo kenji @ 2011/12/14 6:48 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ